ユニフォームの意義

医療、介護の現場は日々あわただしく、自分の着衣についていちいち気にしていられないという人も少なくない。そんなことに気をとられていれば刻一刻と時間をあらそう状況に対応しきれない可能性があるからである。そんな場合を想定して作られている着衣がスクラブである。主にナース、救命チーム、医師などの医療従事者が使用しているが介護士などが使用している場合も多くある。スクラブは白衣以外にも様々な色がありそれぞれの病院などで仲間意識などチームとしてのユニフォームとしての意味合いもあるだろう。とにかくスクラブはナース、医師などが何も気にせず活動的に動けることが重要であると思う。それこそが快適なスクラブだろう。

スクラブには様々な機能を追求されていることにその特徴があると言えるだろう。ストレッチ素材で背中、ひざなどの引っかかり感がなくしゃがんだり、曲げ伸ばしがスムーズにできるように作られていたり。屈んだ場合に胸元が見えずらく気にならないように工夫されていたり、腰の部分にこだわりの使用でずれにくく圧迫を軽減されるようになっていたりとあるのである。さらにはポケットもいろんな用途を想定した作りがありがたく思えるのだ。色は白衣だけかと思えばカラーが豊富で、白衣以外にしてみたいとか、白衣と色分けすることでナースと医師との区別がつきやすくなったりと工夫できそうである。そんなスクラブの平均的な価格は大体上下とも値段的には変わりなく3000円から4000円くらいが平均的かと思われる