機能性を考える

医療従事者が着るユニフォームや制服のことを、スクラブと言います。医師は白衣というイメージがありますが、白衣よりもスクラブの方が汚れにくく、機能性が高いので導入する病院が増加しています。

この記事の続きを読む

ユニフォームの意義

スクラブは白衣に取って代わって、様々なカラーリングが選べる点や、着衣の汚れを気にしなくても良い点などから、積極的に導入されている傾向にあります。ケースバイケースで使い分けられるのが、ユニフォームとしての意義です。

この記事の続きを読む

種類豊富な通販

白衣は、通販サイトで購入することが可能です。通販ではリーズナブルな価格で販売されていて、安い商品なら5,000円以内で購入することができます。種類によっては、洗濯機で洗える物もあります。

この記事の続きを読む

ユニフォームの意味

医師やナースなどの医療従事者のユニフォームは、特徴的な物が多いです。代表的なのが白衣です。白衣は、ドクターウェアとも呼ばれていて、映画やドラマなどでもよく目にする、丈が長く羽織るタイプの物です。ドクターウェアは、外来担当の医師や、研究職の人が使用している事が多いです。基本的に着用するのは男性で、女性看護師の場合は、ワンピースが多いです。ユニフォームの種類によっても、特徴はそれぞれ異なります。丈が短く、首の部分がタートルネックのようになっているのがケーシー白衣です。理髪師の人でも、ケーシー白衣を着けていることがありますが、中世までは実際に外科手術を床屋が行なっていました。その名残として、現在でも理容師の人が着用しています。首元がVネックになっているのが、スクラブです。色は、青や緑などが多いです。手術の時に着用されますし、海外では看護師の制服として綿のスクラブもあります。スクラブは、白衣とは異なり、着替えるのも簡単ですし、ゴシゴシ洗っても大丈夫なほど頑丈です。また、価格が安いので、簡単に買い換えることもでき、医療現場でも評価が高いです。最近では、医師や看護師などの医療関係の人だけではなく、エステや介護などでもスクラブが使用されています。

白衣は白色なのですが、手術の時に使用されるスクラブのような手術着は、緑色や青色が主流となっています。なぜ、手術着は白ではなく、青や緑が主流となっているのかというと、視覚効果が理由となっています。手術の時には、医師は、血液や内蔵などの赤い色の物を長時間見続ける必要があります。その後に、白い背景を見た場合、視界がぼやけてしまいます。そうなると、手術に支障をきたしてしまうので、白い手術着ではなく、緑色や青色が主流となっているのです。また、青や緑にはリラックス効果があることから、医師の緊張をほぐす効果があります。手術室以外でも、待合室やロビーなどでは、視覚効果を活用しています。白衣やスクラブは、ただのユニフォームだけではなく、色の効果なども考えてあるのです。